柳屋のこだわりと歴史 -五日市地産・自家製蕎麦

あきる野市五日市産を始めとする食材へのこだわり

写真1 東京の都心から西へ一時間ほどかかる東京都あきる野市は、山と川に囲まれ、自然の恵みを存分に感じることができる“東京にある田舎”です。このエリアは五日市とも呼ばれます。

ハイキングやバーベキューを楽しむ人々が日々訪れています。地の物を生かした名物・特産品も数多くあり、年間を通してグルメを楽しめる観光地です。

柳屋はこの地で初代が昭和初期に創業し、地元を愛し、地元の人に愛される長い歴史を刻んでいます。これからもより多くの人にこの地の素晴らしさを“食”を通して伝えていきます。

柳屋では、旬を迎えた地産の食材を優先的に使用しています。

直売所からの仕入れはもちろんですが、「野菜名人」と呼ばれ名高い地元のおばあちゃんから仕入れることもあり、食材を常に揃えています。
食材のはしり・旬・名残を感じていただけるお料理をお楽しみください

五日市の恵み

のらぼう菜

のらぼう菜

江戸時代からの栽培特産物。柔らかくてくせが無く茎まで食べられるのが特徴です。
収穫期の2月〜4月に美味しく召し上がっていただけます。
しらあえ、胡麻あえ、お浸し、おしんこ(浅漬け)にて提供。
特に、おしんこは、のらぼうの甘みと食感が良く人気が高い一品です。

鮎

江戸時代、将軍家の献上品として送られていました。
秋川の清流で育った鮎は身がしまっていて美味と評判です。
6月に解禁を迎える秋川。二代目が秋川に行き鮎を釣ります。
6月~8月始めは、から揚げで、8月終わりからは甘露煮にて提供。
二代目の釣れた数で提供する数が決まるので限りがあります。

秋川とうもろこし

秋川とうもろこし

甘みが強く、粒が大きくふっくらしているのが特徴です。
6月〜7月の収穫期にご堪能ください。

秋川梨

秋川梨

市場にはあまり出回っていませんが8月〜9月に即売所やJA直売所に並ぶとっても甘い梨です。

柳屋特製、自家製蕎麦のこだわり

柳屋特製、自家製蕎麦のこだわり 柳屋の自家製蕎麦は、北海道は北空知(きたそらち)の蕎麦粉を使用しています。
蕎麦の香りや風味が強い田舎粉(蕎麦殻も一緒に挽きこんだ蕎麦粉)を使用した二八蕎麦です。二八はのど越しが良く、伸びづらいメリットがあります。もちろん柳屋オリジナルのつゆとの相性も抜群です。探求に時間をかけて作り上げられた賜物です。

毎日、丁寧に時間をかけて仕込んでおりますので、どうしても数に限りがございます。
職人技を生かした自慢の逸品を是非ともご堪能ください。

出汁のこだわり

出汁のこだわり

出汁には鹿児島県枕崎の本節を使用しています。本節の香り高く、スッキリした口当たりの良い出汁となっています。
かえし(蕎麦つゆの素)は、辛汁(冷たい蕎麦)と甘汁(温かい蕎麦)をそれぞれ作り上げています。
醤油は、千葉県産の濃口醤油(辛汁)とうすいろ醤油(甘汁)をを使用することで、柳屋独自の味を完成させています。

柳屋こだわりの集大成“里山弁当”

柳屋こだわりの集大成“里山弁当”

五日市地産の食材を使用した“地元の代表”と呼ぶべきセットメニューを完成させました。

旬な食材に合わせて変動しますので、食を通してあきる野・秋川渓谷の良さと五日市の四季をお楽しみいただけます。

2014年よりスタートした里山弁当はおかげさまで評判を呼び、新聞にも掲載されました。

地酒と共に嗜めば、この地を余すところなくご堪能いただけます。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

新聞にも掲載されました!

ページの最上段へ